2014年04月25日

ミッションからオイルがポトリ!

良いお天気ですねぇ〜! (^ー゚)ノヤッタ♪

明日 明後日も 良いお天気に成りそうで 絶好のツーリング日和ですねぇ〜

如何お過ごしですか? スタッフ i です

スタッフ S が頑張って書いてくれているので 私も頑張らなくては!

私の方は インドア ネタ ですが 読んで下さいねっ!

今日は タイトル通り ミッションからのオイル漏れに付いてです

古いモデルに成りますが R100GS 等の 

2バルブOHVエンジンのRシリーズのミッションに付いてです

これらのモデルのミッションで良く起こるのが 

ニュートラルランプスイッチからのオイル漏れです

2014-03-27 16.56.25.jpg  こんな感じ

漏れてますね!  2014-03-27 16.56.50.jpg

これを修理するには ニュートラルランプスイッチを 交換しなくては成りません!

 なのでっ  2014-03-27 16.56.05.jpg  こうして  

  このスペーサーを外して  2014-03-27 16.59.10.jpg

 ニュートラルランプスイッチを交換します!

このスペーサーはエンジンをフレームに固定している後ろ側のシャフトのスペーサーです

このスペーサーは軽く圧入されている様に入っているので 

取るのも 入れるのも 少々コツが要ります!

勿論ミッションオイルも抜かなくては 作業出来ません!

このニュートラルランプスイッチのオイル漏れ どんな漏れ方してると思います?

普通に考えると ガスケットが悪くなって 漏れていると 思うでしょう!

  甘あぁ〜い! 残念でした!

 こんな感じなのです  sw.jpg

分かりましたか? そう スイッチ本体から漏れているのです

     (゚◇゚;) ゲッ

こんな お客さんの 顔が目に浮かびます (笑´∀`)

いやっ 失礼しました!

お店で お客様に説明させて頂いても 何時も びっくりされます

何せ 設計が古いので 仕方ないのでしょうね!

新しい部品に交換しても 又漏れてくるので 対策をしておきます!

 ドン!  2014-03-27 17.12.51.jpg

シリコン系ガスケットで 漏れ防止の対策です

スイッチ本体がアルミで成型されていて 電極部分は樹脂の様な材料なので

対策をしても 完璧では無いのですが 

対策無しに比べると かなりもちます!  (゚∇^d) グッ!!

古いモデルに付いてのお話は 山ほど有りますので

少しずつ紹介していきますので 興味の有る方は楽しみにしていて 下さいねっ!

どうでしょう? 今回の記事は 参考に成りましたか?

古いモデルに乗られている方で 何処から漏れているのか 分からないけど

バイクの下に オイルが落ちた後が有るとか 信号などで止まったときに

オイルが焦げるような臭いがする 等の気になる事が有りましたら

是非 ご来店下さい! チェックさせて頂きます!

勿論   無料です!

コーヒーや紅茶、緑茶等 お飲み物もご用意してお待ちしています

どうぞ ツーリング帰りに寄り道して 休憩していって下さいねっ!

 お待ちしていまぁ〜す (^_^)/ 



ACTCLUB_logo.jpg






ACTCLUB_logo.jpg

〒565-0803  大阪府吹田市新芦屋下7-1

eshop001.png
大阪の吹田市にあるBMWバイク取り扱い専門店です。
車両販売や整備/修理お気軽にご相談くさだい。大阪、奈良、兵庫、京都、和歌山はもちろんのこと岐阜、愛知、高知など遠方からもご来店いただいてます。

posted by ACT CLUB | Comment(0) | TrackBack(0) | BMWメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック