2014年06月22日

まさかのエンジン不調???

この土日は残念な天気でしたねぇ〜

梅雨だから仕方有りませんねっ! バイクのメンテの日にされた方も居るかな?

屋根付きガレージ保管の方そんなに居ないかな?

アクトクラブは土日も元気に営業していました (^_^)/

ご来店頂いたお客様 毎度おおきに! スタッフ i です

皆さんカブトエビってご存じですか?私数年前まで知りませんでした

結構幼少期から色々な生き物と遊んできましたが 知りませんでした 

数年前に隣の田んぼで何かを網で取っている親子が居たので

男の子に 「何取ってるの?」 と聞いてみた所

見せてくれたのは カブトガニを小さくスリムにしたような 化石に有りそうな生き物でした

“カブトエビ” といい 田植えの終わった水田に大量に発生するらしい生き物です

卵は乾燥に強く田んぼの稲刈りが終わってから来シーズンの田植えまで生きているそうです

興味が有る方は 見に来てみて下さいねっ!

写真はネットで見てみて下さい (笑´∀`)

又々 大脱線しましたが 本題です


今日のタイトルですが 何故 まさか なのかと言うと

先日 アクトクラブでVベルトとプーリーの交換やオイル交換のメンテナンスを

させて頂いたお客様からの エンジン不調の連絡だったからです

高速道路を調子よく走ってパーキングに止まりその後急にアイドリングが

バラツキハンドルがぶるぶると震える様に成ったとのこと

このお客様も長くこのバイクに乗られている方なので直ぐに不調が分かり

連絡を下さったので事情を聞き 高回転時は問題が無いとの事だったので

後日入庫の予定を決め改めてバイクをアクトクラブに入庫して頂くことに成りました

バイクを実際に見るまで色々考えましたが

お持ち頂いたバイクを見て 直ぐに原因の検討が付きました ( ̄ー ̄)ニヤリッ

R1100RTはスロットルボディーの部分を点検するのにも

カウルを外さなくては成りませんので お客様にはコーヒーブレイクをして頂き

作業に入ります カウルを外す前にチェックしておくバキュームキャップは問題なし

左側カウルを外しスロットルの部分を点検   問題なし 

次に右側を外しチェック!  やっぱりこいつか!

皆さん分かりますか?  2014-06-21 10.06.27.jpg

アップで   2014-06-21 10.07.27.jpg

スロットルグリップは全閉状態なのに右側のスロットルだけ少し開いている状態に成っています

原因は!

 こ い つ だっ !  2014-06-21 10.08.00.jpg

分かりますか? スロットルケーブルの収まる溝の所に小さな赤土の粒の様な物

こいつが 今回の不調の原因です!

たったこれだけっ? と思われた方も沢山居られると思いますが

Rシリーズのアイドリングバランスはとてもデリケートなのです

ですので インジェクションシステムを採用しているR1100シリーズ以降の

BMWのRシリーズは要注意です!

といってもユーザーの皆さんが予防策を講じることは無理かも知れませんので

定期的に専門店で アイドリングバランス及び同調調整を依頼し

シリンダー廻りやエンジンの隙間に溜まった小石などの除去を依頼される事を

強くお勧めします!

カウルの付いていない車両に関しては 直ぐに対応出来 費用もあまり掛かりませんので

是非 アクトクラブにご来店頂き ご依頼下さい!

お待ちしていまぁ〜す(^_^)/



ACTCLUB_logo.jpg







ACTCLUB_logo.jpg

〒565-0803  大阪府吹田市新芦屋下7-1

eshop001.png
大阪の吹田市にあるBMWバイク取り扱い専門店です。
車両販売や整備/修理お気軽にご相談くさだい。大阪、奈良、兵庫、京都、和歌山はもちろんのこと岐阜、愛知、高知など遠方からもご来店いただいてます。

posted by ACT CLUB | Comment(0) | TrackBack(0) | BMWメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400041562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック